工務店の注文住宅のメリット

膝を交えた相談が可能

注文住宅の依頼先は、いわゆるハウスメーカーすなわち企業系と、地域密着スタイルの工務店すなわち専門業者の2つに大別できます。そうした状況下、工務店の注文住宅ならではのメリットが、多くの注文住宅のオーナーの声として伝えられています。

まずは施主と膝を交えた打ち合わせ、すなわちより親身になってくれる初期対応が見過ごせません。ハウスメーカーのマニュアルに沿った対応とは違い、施主の意向に耳を傾け、時にダメなものはダメと提言してくれる姿勢は、十分信頼するに値します。

また地域の気候風土を熟知しており、その土地にマッチした家造りの実績も魅力です。ハウスメーカーの全国均一の設計による施工とは違い、四季折々の気候の変化や、台風や地震など想定される自然災害をも視野に入れた設計は、安心の家造りの実現に欠かせません。

アフターフォロー面の安心感

また工務店の注文住宅ならではの安心感として、末永いアフターフォローが期待できる点があげられます。施工担当の職人さんが、万一の際に駆けつけてくれる心強さは、全国展開中のハウスメーカーにとっては難しい対応です。施工時のデータも工務店に残されており、より適切な補修作業が可能となるのも魅力です。

大企業であるハウスメーカーの場合、担当者の異動や退社により、施工時の担当者がその後も変わらずフォローすることが、現実的に困難です。結果マニュアルに沿った事務的な対応となるだけでなく、組織が大きいため、初動に時間を要する、フットワークが遅くなる傾向も懸念されます。

そして宣伝費などの諸経費を抑えている分だけ、同じ品質の家造りに対し、費用面を抑えられる可能性に満ちているのも、工務店だからこその大きな魅力です。紹介や評判で着実に信頼と実績を積み重ねているからこそ、低価格で高品質な仕事への期待感が高まります。

新築一戸建てを建てる際には、見た目や間取り等に気を使いがちです。それに加えてホコリやアレルゲン物質、汚れた空気を効果的に廃棄できるような換気システムや快適に過ごせる温度環境にもこだわることが大切です。