工務店の注文住宅の特徴

良心的な価格で建てることができる

街の工務店の特徴として、大手のハウスメーカーのように宣伝をしていないことが挙げられます。親族中心にこじんまりと小規模な会社である所が多く、宣伝にはあまり力を入れていません。その代わり、地域密着型なので地元で愛されている会社が目立ちます。また、請負業者を挟んでおらず、自社に大工がいる所がほとんどでしょう。営業から工事まで、すべて自社一括で行っているのです。

宣伝にお金をかけず、請負にマージンを払う必要もないので、比較的リーズナブルに工事をしてもらえます。工務店は、良心的な価格で注文住宅を建てることが可能という特徴があるでしょう。できるだけ予算低めで家を建てたい人には、工務店への依頼が向いているのではないでしょうか。

モデルハウスや展示場を持たない

工務店の特徴として、住宅展示場を持たない点も挙げられます。勿論、大手の工務店であればモデルハウスがある所も見られますが、街の工務店の場合は近所の施工例くらいではないでしょうか。展示場がないために、住宅設備機器や工材などを見る際にはパンフレットが活用されます。どうしてもイメージが掴みにくくなるというデメリットはありますが、アットホームな工務店では納得いくまで相談して決めることができるはずです。ハウスメーカーの展示場に行って、実物を見て決める場合もあるかもしれません。

屋根や外壁のカラーに関してもカラーパネルを参考にしますが、実際に塗るとパネルよりも濃く見えることが多いです。希望通りの色にして欲しいなら、近所の家の外壁などの見本を大工さんに直接見てもらいましょう。何かと融通も利いて工務店の大工さんとダイレクトに相談できるのも、工務店の特徴でありメリットと言えます。

建売住宅は、顧客が建材や内装などをひとつひとつ選ばなくてもよいので、注文住宅よりも手間がかかりません。またコストも抑えることができます。