ハウスメーカーの注文住宅のデメリット

ネームバリューに潜むデメリット

企業としての規模の大きさから、積極的な宣伝や営業活動で知名度が高い、ハウスメーカーの注文住宅ですが、一方でそのネームバリューに潜むデメリットが見過ごせません。
ハウスメーカーは基本的に全国展開であり、顧客対応を始めとする諸々の流れは、システマティックに統一されていると考えられます。結果としてメーカー側が準備したプランの中から、より希望に近い選択肢をチョイスする、簡単な注文住宅となる傾向が否めません。

また地域密着スタイルの注文住宅に特化したビルダーのように、その土地の気候や風土にマッチした設計、地元産の木材を用いるなど、独自のメリットも期待薄と言えるでしょう。施主と二人三脚でゼロから理想の家を考える対応は、ハウスメーカーの注文住宅では限界が否めません。こだわりの注文住宅を希望されるのであれば、ハウスメーカー以外の地域に根差し、実績が評判の専門業者への相談が欠かせません。

大企業ゆえのフットワーク面のデメリット

ハウスメーカーの注文住宅のデメリットとして、完成後のアフターフォロー面のフットワークの問題が想定されます。ハウスメーカー各社は、それぞれ独自のアフターフォローを準備していますが、全国展開ゆえに、すべて直対応とは限りません。建物の近隣の提携業者に対応を委託するなど、当時施工に携わっていない他業者が対応窓口となるケースが想定されます。また担当者の異動や退職なども避けられず、事務的な対応となってしまう傾向が否めません。

対して地域密着型の専門業者であれば、より迅速かつ細やかな対応が期待できます。台風などの天災で家屋に被害が生じた場合など、初期対応に関する安心感が違います。確かに企業としての規模の大きさは、高額な注文住宅の購入先としての安心感につながります。ただし「理想を三次元の形にする」注文住宅に求められる、中長期的な諸々の対応に関しては、結果としてデメリットと映る場面も少なくありません。

一戸建て住宅を希望する場合、自分達の資金で新築するか、それとも立地条件を見て中古物件でもよいかなどの選択肢が広がります。どちらを選ぶにしても将来設計に叶った家を見つけることが最善です。