工務店の注文住宅のデメリット

大手に比べると保証が少ない

注文住宅を建てるには設計などをしてもらう必要があるので、建築士などの専門家がいる業者と契約をする必要があります。業者にはいくつかの種類があり、全国展開をしている大手や中堅の住宅会社もあれば、地元を中心として活動をしている工務店もあります。それぞれにメリットとデメリットがあるのでメリットが多くてデメリットが少ない業者を選ぶと良いでしょう。工務店は地元なのでその地域の環境に合った住宅造りを提案してもらえるのがメリットです。一方大手会社に比べると保証はあまりないのがデメリットでしょう。大手会社は法律で決められている保証以上の保証をつけてくれるので長く住むときに安心です。工務店だと法律の範囲内の保証しかないかもしれません。

コストがかかる可能性

注文住宅を建てるときは大手建築会社か地元の工務店かを選ぶ必要があり、地元での実績が豊富な工務店なら近くに手掛けた物件が多くあるでしょう。中には見学させてくれる家もあり、実物を見ながら家造りができるメリットがありそうです。一方工務店で注文住宅を建てるデメリットに、大手建築会社に比べるとコストがかかりやすい点があるでしょう。建物を建てようとするときいかに材料を安く仕入れられるかでコストが変わってきます。大手は木材や設備などを一括仕入れできるのでコストが安くなりますが、工務店は一括仕入れが難しくその都度の仕入れをするのでコストが下げにくくなります。もちろん予算の相談には乗ってもらえるので、予算内で収まる住宅造りは可能です。